Page 19 of 30

緊急通報サービスにかかる費用(セコムマイドクター)

続いて紹介するのは、ホームセキュリティのセコムが提供しているシニア向けサービスです。

ペンダント型の発信機「マイドクター」から緊急信号をセコムに発信できます。
ボタンが両脇についているので、緊急時には握るだけでも発信ができるというところが強みです。

ただ、このセコムの緊急通報サービス「マイドクター」はホームセキュリティのオプションサービスですので、
サービス費用については基本サービスの料金によって変わります。

それ以外にもライフ監視機能という、
センサーが異常を探知してセコムに信号を送るというサービスもオプションとして利用できます。

その他、セコムでは
介護や医療などの面でのサービスや
セコムホームサービスという家事支援サービスなどのサービスも提供しています。

防犯・医療・介護・家事にいたるまでフォローできる大きな安心感は、
ホームセキュリティ企業の最大手であるからこそというところもありますよね。


緊急通報サービスの費用(アルソックシルバーパック)

続いて紹介する緊急通報サービスは、アルソックのシルバーパックです。

先日、国民栄誉賞を受賞した女子レスリング吉田沙保理選手のCM、1234アルソックでおなじみの綜合警備会社アルソックの提供するサービスで、
高齢者向けのシルバーパックというサービスがあります。

非常ボタンを押したときには、アルソックのガードマンが駆けつけるということで、安心感があります。
他社のサービス同様、緊急通報用のペンダントのボタンを押すことで発信します。
これに、住宅用火災報知機もセットでついていて、火災報知機が異常を検知したときにもガードマンが駆けつけます。

料金は
所費費用は無料、シルバーパック基本セット 月額3,708円です。

これに加えて、
離れて暮らす家族に自宅に設置したセンサーが感知した情報をメールで配信する
見守り情報サービスというサービスをセットで利用することもできます。
シルバーパック基本セットとあわせて5,008円で利用することができます。

アルソックのCMで高齢者向けサービスを紹介したものがありますので、貼っておきます。


緊急通報サービスにかかる費用(おうちでナースホン)

引き続き、緊急通報サービスにかかる費用についての説明を行います。

今回紹介するのは、アズビルあんしんケアサポートが提供する個人向け緊急通報サービス「お家でナースホン」です。

このサービスの最大の特徴は、
24時間365日、コールセンターに看護師が配置されており、
電話での健康相談に対応してもらうことができるということです。

また、定期的にコールセンターからお伺いの電話を行い、
健康状態の変化などをデータベースに入力し更新していくというのも特徴です。
緊急時にも、その人の現在の健康状態を把握していることで対応もスムーズにできます。
こういった付加サービスが充実しているというのが大きな強みです。

気になる料金は、

  • 初回の設置工事費 16,590円
  • 機器レンタル・健康相談・お伺いコールをセット 月額4,725円
  • 駆けつけ員の登録 月額525円
  • 駆けつけ員による駆けつけ 一回8,400円

となっています。
かなり金額的には高くなりますが、
付加サービスの内容を活用できる人であったり、
健康に対する不安感を強く感じている人であれば、
1日150円と考えれば、納得・安心できるサービスだと思います。

駆けつけ員に指名できる協力者が得られない場合は、上記のように有料になりますが、
あらかじめ、ご近所様を登録しておけばその方に緊急事態発生の連絡がいきますので、
駆けつけ料金が不要になります。


緊急通報サービスにかかる費用(フィリップス緊急通報サービス)

現在、一人暮らしの高齢者はおよそ500万人。
もちろん、自由気ままなシングルライフを満喫されている方も多いとは思いますが、
体の不調など、何か不測の事態が起こった時の不安は常に付きまといます。

市町村等自治体で緊急通報サービスを提供している場合もありますが、
それ以外にも高齢者向けの緊急通報サービスなどを提供している民間企業も増えています。

サービスも多様なので、それぞれ特徴とそれにかかる費用を紹介していきたいと思います。

まずは、フィリップスの緊急通報サービスです。
日本では髭剃りや電動歯ブラシで有名なフィリップスですが、緊急通報サービスを提供しています。

救助が必要なときに、身に付けているペンダント型の発信機のボタンを押すことで
コールセンターにつながるというシステムです。
大きな特徴は3つ。

  • 転倒を自動で検知して発信することができる
  • 入浴時にも使える防水ペンダント発信機
  • 設置工事不要ですぐに使える

高齢者にとって、自宅で事故の起こるリスクの多い転倒や入浴中の事故という点での安心感は強みですね。

気になる料金は、

サービス開始時の登録費用 2,000円
緊急通報サービス基本セット(レンタル)(月額)3,980円
社員緊急駆けつけ料金 一回10,000円

となっています。
金額的には大きいのですが、
月額3,980円という出費が痛くないという人であれば、
安心を買うという意味で、ご利用の検討をお勧めします。