加齢や障害などの原因から、自分で調理をすることができなくなった場合、配食サービスを利用して食事を確保することができます。
自治体によっては、自治体独自の介護保険外の在宅福祉サービスという形で配食サービスなどを提供しているところが多いと思います。
お住まいの市町村や、地域包括支援センター、ケアマネジャーにお問い合わせいただくことをお勧めします。

それ以外にも民間企業で配食サービスを提供している事業者もあります。
ワタミの宅食は有名ですが、まごころ弁当ニコニコキッチン宅配クック123など、
フランチャイズなどの形式で手数店舗を展開しているところもあります。

料金は、地域などにもよりますが、一食当たりおよそ550円~800円前後と考えていいと思います。
配送料なども含めた料金になりますが、
毎日注文するとなると、かなりの金額になります。
必要な分だけを上手に使うことをお勧めします。

業者によっては糖尿食、腎臓食などの特別食を提供しているところもありますが、
その分手間もかかりますので、料金は若干高くなります。
750円~900円くらいになるでしょうか。

また、業者によっては、スーパーでの買い物などを代行で行ってくれるところなどもありますので、
業者の特色などを確認してご利用することをお勧めします。

セブンイレブンで展開しているセブンミールサービスは、2012年5月に全面リニューアルし使いやすくなりました。
高齢者のみならず、オフィスや一般家庭でもよく使われています。
料金も日替わり弁当500円で、500円以上の注文は配送料無料。
セブンイレブンのお弁当を配送してくれるというサービスになりますが、
セブンイレブンの店舗から配送されるので、セブンイレブンの商品を一緒に注文することもできるので、
上手に使えばとても使い勝手のいいサービスです。

費用の負担を抑えながら、上手に活用していきましょう。