上手に介護保険の住宅改修を使うポイント介護保険では住宅改修への給付が認められています。

工事にかかる人件費なども含めて、総額20万円分までの工事は自己負担1割で行うことができます。
単純に、手すり設置工事で2万円かかったとしたら、介護保険から1万8000円が支給され、
残りの2000円を自己負担として業者に直接支払うことになります。

工事の金額は業者によってまちまちです。
手すり一本1万~2万円(自己負担1000円~2000円)と考えていいと思います。
金額の幅が大きいのは、設置場所によって、梁が入っていて直接打ち込めるところであれば安く工事ができますが、
補強板を入れなければいけない場合などもありますので、その場合は料金も高くなります。

業者を選定するときには、2か所以上の業者に相見積もりを出すこともお勧めです。
お急ぎでなければ、見積り金額や仕様の違いを比較してみると、結構差がありますので、相見積をすることをお勧めします。

主に工事個所として多いのが、トイレや玄関・浴室などでの手すり設置工事です。
立ち座りや上下動の動作が多い場所で、転倒のリスクが高かったり、ひざや腰の負担も大きいため、工事を希望するケースが多いです。
手すりを設置する際には、立ち上がる動作の時には、座っている人の前方に縦方向の手すりを設置します。
座る動作の時には、体の横側に横方向の手すりを設置します。
これにより、立つときは腕の力も使って体を引っ張り上げることができ、座るときは膝に負担がかからないように腕の力でブレーキしながら体制を保ちつつ座ることができます。
公共機関のトイレなどでL字型の手すりを見ることが多いと思いますが、そういった原理からできています。

段差解消の工事もありますが、敷居の段差を取る場合、それにともなって戸や襖なども変更しなければいけなくなる場合があったり、
板張りをして高さを同じレベルにそろえようとしても、昔の住宅は高さのレベルがバラバラだったりするので、全面的に板を張らなければいけなかったりして、
かなり大掛かりな工事になります。
簡易スロープを設置する場合もありますが、かえってその上に立った時にバランスを崩しやすいので、歩かれる場合にはあまりお勧めしません。
車いすでの生活になった時に、検討していただくといいと思います。

ほかに、引き戸への交換や滑り止め床材への変更、便座の高さ解消などが介護保険で認められています。

新築で家を作る場合には介護保険での住宅改修は対象になりませんので、
家を建ててから、介護保険での住宅改修を申請すれば、手すりの設置などは介護保険での適用になりますので、
新築される場合は時期をずらして手すり設置を行うことをお勧めします。