Page 15 of 30

有料老人ホームの価格について

yomiuri onlineで有料老人ホームの価格についての記事が掲載されていたので紹介します。

[介護の値段]有料老人ホーム(下)価格抑えて 利用容易に

■入居金ゼロで負担軽減 ■必要なサービスを選択
 富裕層向けというイメージが強い民間の有料老人ホームだが、最近は価格を抑えた物件も急増している。元気なうちに移り住むことを想定したホームもある。実例とともに費用を調べた。

◆選べる料金契約
 業界大手「ベネッセスタイルケア」は、「利用しやすい価格設定」と銘打った「ここちシリーズ」を神奈川、千葉、埼玉県と大阪府で開設している。
今年4月に開設した「イリーゼ野田」。「長谷川介護サービス」では、住宅型有料老人ホームに力を入れる
 契約や支払い方法を選べるのが特徴だ。一つは、5年分の家賃相当額の一部を入居金として支払い、毎月の利用料を抑える「入居金型契約」。もう一つは入居金がなく、家賃相当額のすべてを毎月支払っていく「月額支払型契約」だ。
 入居金は、5年以上住んでも追加の支払いはない。また、毎月の利用料は5年経過後も変わらないので、5年以上住むなら入居金を支払った方が安くなる。入居金は5年未満で退去する場合、一部が返還される。
 6月にオープン予定の介護付き有料老人ホーム「ここち稲毛」(千葉市稲毛区)では、入居金なしの「月額支払型契約」の場合、毎月の利用料が20万7300円。この中に毎月の家賃相当額が全額含まれる。これに加え、介護保険の自己負担分が要介護度により月約1万8500~2万7500円必要で、24時間体制の介護が受けられる。

◆「住宅型」も
 「長谷川介護サービス」は、手頃な料金で入居できる住宅型ホームに力を入れている。
 住宅型は、入居者が必要に応じて、外部の事業者から介護を受けるタイプのホーム。介護を受けていない時間帯でも、ホーム内に24時間常駐している生活支援スタッフが対応してくれる。
東館(12階建て)と西館(8階建て)を持つ「ライフ&シニアハウス所沢」。1階には診療所やヘルパーステーションなどもテナントで入っている
 「イリーゼ野田」(千葉県野田市)は、入居金なしで、毎月の利用料が17万9000円。このほか、外部の事業者から介護を受ける際、介護保険の自己負担分が必要となる。要介護度により月に最高5000~3万6000円程度だ。
 同社のホームは、「入居者がサービスを選択できるオーダーメードケアが特徴」(魚住高志常務)という。共通のサービスを最小限に絞って費用を抑える分、外出の付き添いなど有料サービスを多数用意している。

◆早めの住み替え
 介護が必要になる前に、自宅を売るなどして有料老人ホームへ住み替える人もいる。
 「生活科学運営」の介護付き有料老人ホーム「ライフ&シニアハウス所沢」(埼玉県所沢市)は、住宅型が併設されたタイプで、元気な人向けの一般居室と、24時間の介護が必要な人向けの介護居室が完備されている。一般居室へ入居後、介護居室へ追加費用なしで転居できる。広めの居室、駅から徒歩10分という立地も特徴だ。
 入居金は、一般居室で10年分、介護居室で5年分の家賃前払いで、それ以上住んでも追加費用はない。10年、5年未満で退去する場合には、入居中の家賃分を差し引いて返還される。
 このほか、介護保険の自己負担分(要介護度により月約6300円~2万6700円)がかかる。介護居室で「要介護1」以上の人は、さらに毎月、上乗せ介護金(1人一律4万2000円)が必要だが、その分、手厚い介護も受けられる。

紹介会社使って検討…1か月分の費用比較
 有料老人ホームを探す際、紹介事業者の助けを借りる手もある。東京、大阪を中心に約80社あり、入居希望者の相談に乗って物件を探してくれる。
 紹介事業者の多くは、有料ホームと提携し、入居契約が成立した場合にホームから手数料をもらう。このため相談は無料だが、提携先を優先的に紹介するケースもある。遠慮せず、提携先以外も幅広く情報提供してくれるよう頼むと良い。
 一方、有料ホームと提携していないのは、「タムラプランニング&オペレーティング」(東京都千代田区)と、NPO「シニアライフ情報センター」(東京都渋谷区)。ホーム側から手数料を取らないので、有料になるが、公平な目で物件を探してくれる。
 タムラプランニングの田村明孝代表は、「複数の物件を検討する場合、入居金と毎月の利用料の5~10年分を合計し、1か月あたりの費用を算出すると比較しやすい」とアドバイスする。(安田武晴)

この記事ではベネッセスタイルケア、木下の介護、生活科学運営の有料老人ホームについて掲載されています。
価格を抑えた物件として紹介されていますが、
やはり介護サービスや諸経費を含めれば20万円を超えるランニングコストになります。
高い買い物ですので、即決せず、いくつかの施設を比較しながら検討することが大切ですし、
いろんな人の意見を聞き、相談することも忘れずに。


浴槽台(バススツール)購入にかかる費用

入浴用の福祉用具で、バススツールというものがあります。
これは浴槽への出入りに使う足踏み台のことで、
浴槽台・浴槽いすといった名称で呼ばれます。

主に浴槽の中に沈めて、またいで浴槽に入るときの浴槽の縁から底までの距離を短くすることを目的としており、
また、浴槽内でのいすとして立ち上がりやすい姿勢を保持するためにも利用できます。
サイズも各種あり、高さの調整機能などもついているため、浴槽の形状などに合わせて商品を選定できます。

こちらの商品もだいたい1万円台が相場と考えていいです。
介護保険で購入するのであれば、2000円以下で購入できると考えてください。

(まとめ)

介護保険を使って浴槽台を購入する場合、2000円以下で購入できる


浴槽手すり(バスグリップ)購入にかかる費用

今回も入浴用の福祉用具購入にかかる費用について紹介します。
バスグリップ・入浴グリップ・浴槽手すりといった名称で呼ばれるもので、
浴槽の縁に挟んで固定し、浴槽をまたぐ動作の際に手すりの代わりにするものです。

これを設置するメリットとしては、
工事不要なので、住宅改修ができない家庭や、住宅改修の上限枠を使い切った人でも介護保険での給付が受けられることがあります。
また、普段から浴槽の縁をつかんでまたぎ動作を行っている人は、これまでの動きを活かしやすい商品でもあります。

価格ですが、だいたい1万円~2万円台になります。
一般的な商品であれば、介護保険を利用して、だいたい2000円以下で購入することができます。
グリップ部分が円を描くような形状のものはどの位置からでも握りやすいためお勧めですが、その分高くなります。
また、固定の方法で、浴槽の縁だけでなく床面もあわせて固定するようなものになると高額になります。
安全性などを考えて、購入するものを検討してみてください。

まとめ

入浴手すりを介護保険を使って購入すれば2000円以下で購入できる。

グリップの形状や固定方法によってはもう少し高くなる場合がある。


シャワーチェア購入にかかる費用

続いて紹介する福祉用具はシャワーチェアです。
シャワー椅子や入浴用いすといった名称で呼ばれることもあります。

お風呂は最も転倒事故の起こる可能性の高い場所です。
滑りやすい床面や、大きな段差、さらに急激な温度の変化と、
転倒につながる様々な危険が潜んでいます。

そんな浴室の福祉用具として最も活用されているのがこのシャワーチェアです。
高さがあるため、立ち座りの動作が楽になります。
肘掛けがあるものは手すり代わりにもなります。

安いものであれば、1万円台で購入できる商品ですが、
折り畳みができるものであったり、座面が回転するものなど、
機能によっては費用も高くなります。

浴室のスペースや肘掛け・背もたれの有無、色や形状だけでなく、
その価格にも注目して必要なものを選ぶようにしましょう。