介護の費用とともに負担として重くのしかかってくるのが医療費。 高額療養費制度で医療費変換を。

通院しての治療代や、入院・手術など、医療費が家計を圧迫します。
長期の入院などになれば、なおさらです。

そこで、役に立つ制度が高額療養費制度です。
これは、一ヵ月にかかる医療費には上限が定められていて、
その上限を超えた分の医療費は申請によって返還を受けることができる仕組みです。
この上限額は、その世帯の収入や年齢などによっても異なります。

たとえば、70歳以上で住民税市民税が非課税の世帯で総所得として金額がゼロになる人の場合です。
その月に受ける医療が外来だけであれば、上限は8,000円となります。
入院をしても、上限は15,000円ですので、入院の期間によってはかなりの金額で返還を受けることができます。

ただし、注意としては、入院先での差額ベッド代や食費はこの対象には含まれません。
入院したら、個室しか空いていなくて、差額ベッド代を請求された、なんていったら高額医療費も使えないので、ビックリですよね。

また、同一世帯に住む人にかかっている医療費を合算することもできます。

申請が必要になる場合と、医療保険者がやってくれる場合とがありますので、ご確認ください。