有料老人ホーム入所に必要な費用今回は有料老人ホームへ入所する際に必要な費用や月々にかかる金額などについてです。

費用は大きく分けて2種類。
入居する際の入居一時金と、
月々かかる利用料とに分かれます。

入居一時金には、申込金や終身型であれば終身利用権、保証金などといった項目がかかります。
敷金が必要な場合もあります。
入居金の目安についてですが、これは施設によってバラバラです。
入居一時金が不要のプランを用意している有料老人ホームもありますが、
その分、月額の利用料が高くなる場合もありますので、
老後の生活資金の計画を立てて、どんなプランがいいのかを検討してみましょう。
入居一時金の一番高額なところとなると、
自分の知っている限りでは1億円を超える入居一時金が発生する有料老人ホームなどもありますので、
これはピンキリといったところでしょうか。

月額の利用料金については、
食費や光熱費、管理費や介護費用などが発生します。
それらを合計して、おおまかな目安として15万~30万円くらいと考えていいのではないでしょうか。
これはマンションや土地などと同じで、地域によっても金額に差が出やすいので
少し都会を離れた場所の方が費用を安く抑えることもできます。
先ほど説明したように、入居一時金が高額な分、月額利用料を安く抑えることができるプランなどもありますので、
年金が毎月どのくらい入ってくるのかを目安に施設選びをすることをお勧めします。

住宅型の有料老人ホームでは、自立型なので、介護についてはプランに含まれていません。
そのため、老人ホームの外からホームヘルパーを依頼して介護をお願いするということもできます。

人生最後の大きな買い物ともいわれる有料老人ホーム。
介護が必要になっても生活ができるのか、対処するときにどのくらいの金額が返還されるのか、
そういったことを確認したうえで、将来設計を行っていただくことをお勧めします。
見学や体験宿泊などを通して、公開しない有料老人ホーム選びができればと思います。