訪問介護サービスにかかる費用はどのくらい要介護・要支援の認定を受けている方がホームヘルパーに訪問してもらい、
生活に必要な家事の支援や身体介護を受ける訪問介護サービス。

要介護の認定を受けている人の場合、要支援の方とは料金体系が異なります。

まず、大きく違うのが、要支援の場合は月額料金ですが、
要介護の方の場合は利用した回数ごとに金額が積み重なっていきます。

さらに大きな違いとして、サービスの内容によって単価が異なるということです。

おむつ交換や入浴・食事の介助、体を拭いたり、移動の介助を行う身体介護と、
掃除や調理・洗濯・買い物代行などを行う生活援助に分かれます。
身体介護と生活援助では、単価も時間の区分も違いますが、
身体介護の方が料金が高いと考えていただくとわかりやすいでしょうか。

身体介護の料金でいえば、
30分程度の料金では260円~290円くらいの自己負担金額。
60分程度になると、400円~450円くらいとなります。
これも地域や事業所によって異なりますので、参考にしてください。
また、身体介護の場合は早朝・夜間や深夜の訪問などは金額が割り増しになります。

生活援助の場合は、
45分程度で自己負担金は190円~210円くらいと考えていいでしょう。
稼働時間に比較してみると、いかに生活援助の料金が低く設定してあるかがわかりますね。

たとえば、買い物をヘルパーさんにお願いする場合、
ヘルパーに買物代行をお願いすれば生活援助の料金で利用できるので安上がりです。
ただ、一緒に買い物に行くのを見守り・介助してほしい、という場合は身体介護になるので、料金が高くなります。
本来、機能維持のためにもリハビリを兼ねてヘルパーと一緒の買い物を行うことをお勧めしたいところですが、
そのために費用が高くなってしまうという仕組みはとても残念に思います。

事業所によってさまざまな加算があるので、また別の機会に紹介したいと思います。

訪問介護サービスについて詳しく知りたい方は併設サイト「ホームヘルパー井戸端会議」をご参照ください。