今回紹介するのは、有料老人ホームでの介護保険外ショートステイ費用についてです。

有料老人ホームでのショートステイ

介護保険のショートステイについては以前紹介した通りですが、
それが利用できない状況が発生することもあります。
たとえば、介護保険施設のショートステイの空きが確保できなかったり、
介護保険の認定が受けれなかったりと、
そういった場合には介護保険外の施設でのショートステイを利用することができます。

当然、居住費や食事代だけでなく、介護にかかる料金も含めてすべてが自己負担になりますので、
料金は介護保険のショートステイと比較して大幅に高くなります。

体験入居という形で受け入れている場合もありますが、
首都圏内では安くても一日1万円くらいの金額を設定しているところが多いようです。

あまり費用負担をかけたくないけれど、必要な場合には緊急避難的に利用することもご検討ください。