負担限度額認定とは

負担限度額認定で施設での1日の食費を300円に!

さて、平成27年4月の介護保険法の改正で大きく変わった介護のお金について紹介していきます。

負担割合(自己負担2割)の変更について先ほど紹介しましたが、それに次ぐ影響力の大きな改正が負担限度額認定についての改正です。
まず、この負担限度額というものについて確認しましょう。

特別養護老人ホームや介護老人保健施設での入所やショートステイを利用する際、
介護保険で定められている自己負担分の料金以外にも、費用負担が発生します。
その大きなものが食費と居住費(滞在費=お部屋代)です。
この自己負担を軽減するための制度が負担限度額認定です。

本人及び本人の属する世帯の全員が市民税非課税の場合、
この負担限度額認定の申請を行うことで、
食費・居住費の自己負担を軽減することが出来ます。
認定にも所得等により細かく段階が定められており、
一番負担の軽くなる第1段階では食費の自己負担は1日300円となります。

認定を受けて、発行された負担限度額認定証を施設に提示することで、
自己負担の軽減を図ることが出来ます。

このように、経済的に非常に大きな援助となるこの負担限度額認定ですが、
この制度が大きく変わっていますので紹介します。


1 Comment

  1. 有益な情報を与えてくれるwebisteだと思いますが、構成がよくない。この記事の次は何を読めばよいのか? 次へボタンでどんどん読み進められるようにしていただけませんか?自分がどこにいるのかもわからない。非常にもったいないです。ご検討よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です